工事費が確実に減額になる5つの最強ポイント

1.施工会社が運営している、減額から施工完結webサイト

当社は
実際にB工事・C工事を施工している
施工会社です

BC工事削減.comの費用削減スキーム

BC工事削減.com A社
削減コンサル会社
B社
ITベンチャー見積サイト
C社
原状回復を提案する
施工会社
実際の施工
B工事の場合
実際の施工
C工事の場合
削減した場合の
コンサル費用
5〜15% 削減分の
50%
削減分の
20%〜30%
見積提出まで
の期間
最短当日
~2日
1週間程度 3日~ 1〜2週間
対応エリア 全国 全国 全国 主たる事業所
周辺エリア

B工事内容を精査し、A工事(貸主負担)及びC工事(借主施工)へ切り替える交渉をさせて頂きます。 建物によっては当社がB工事指定業者の場合もありますのでその場合は全て対応が可能

首都圏及び主要都市は当社で直接施工提案が可能です、その他のエリアは当サイトに登録している専門の提携会社による施工提案が可能です。

2.B工事C工事実務業者の的確な見積積算と減額提案

B工事の経験・指定業者の実績が生きる

ビル指定業者の経験と実績が、減額交渉の際の信用に大きく左右します。的確な費用選定により、借主・貸主の良好な関係を築きます。

B工事・C工事を提案することで建物によるB工事範囲の偏りを是正

B工事の範囲を決める法律はありません、ビルが独自に決めているもので施工業者の実績を踏まえ、B工事の範囲の減少提案が実現可能です。

借主主導でC工事施工をすると、後に追加でB工事が発生する?!

C工事の費用を削減したいのは必然ですが、その範囲や施工方法を誤ると、後にB工事として高額な費用を請求されます。BC工事減額.comでは、的確な施工範囲と施工方法、最小に抑えた施工費用をご提案いたします。

3.施工実績累計5,000件超

長年の施工実績が如何に重要か、ただの見積サイトとは次元が違います。

当社では大小様々な、
店舗・オフィス撤退の為の原状回復工事に伴うB工事・C工事
店舗・オフィス入居の為のB工事・C工事を、
実際に施工しております。

グループ全体(注1)では2002年から18年間、施工に携わり累計1万件を超える建築工事・内装工事・解体工事・スケルトン工事・原状回復工事・消防設備工事・電気工事などを施工をさせて頂きました。

この多大な施工実績数は、減額だけをサポートするコンサルティングや、多数の施工業者から見積もりだけを集約するITベンチャーとは、まったく次元の異なる実績数です。

4.全国対応可能

施工業者だからできる横の絆、当社の実績や施工方法に賛同する提携施工会社多数

当社 B工事削減
コンサルティング会社の場合
一括見積による業者紹介サイト
ITベンチャー企業の場合

削減提案

独自

独自

独自

施工対応

施工あり

原状回復工事に必要な全ての工種を自社で積算可能

幅広い施工に対応可能 -消防設備工事(消防テック) -電気設備工事(電光テック) -解体工事(エコループ) -リノベーション工事(ツクルラボ)を運営

施工なし

結局は下請けのB工事業者が施工

現場に長けているわけではなく、提案に限界がある

下請け業者が施工するため、利幅が確保され割高になることがある。

施工できるが、
実力の判断が不可

業者紹介サイト(全国にあるサイト)のため現場に長けているわけではない

登録した施工業者が対応するため、業者を選べなく実力が判断できない

責任関係が不安・退去の情報が不特定多数の見知らぬ者へ流れてしまうリスクがある

提案対応

全ての施工に独自に提案

当社の建築業界での強みに賛同した協力業者が全国に

同業者しか築けない信頼関係

実務でフォローしあえる関係性での総合的な提案可能

施工対応は行わない(利益を確保できない)ため、小規模案件は取り合わない

施工会社ではないため、提案の幅に限界があり、深い提案ができない可能性がある

どの業者が対応するかは不透明であり実力が伴っているか判断が出来ないため、ギャンブルになる可能性がある

施工のみを行い、削減提案まで行う業者は少ない。

費用

削減金額の10~15%

削減になった場合、施工費用に回すためリーズナブルなフィー

削減金額の50%

削減になった場合、高額のフィー

削減提案まで行う
業者は少ない。

当社と同様リーズナブルなフィーだが、削減提案まで行う業者は少ない

削減提案

独自 独自 独自

施工対応

施工あり

原状回復工事に必要な全ての工種を自社で積算可能

幅広い施工に対応可能
-消防設備工事(消防テック)
-電気設備工事(電光テック)
-解体工事(エコループ)
-リノベーション工事(ツクルラボ)を運営

施工なし

結局は下請けのB工事業者が施工

現場に長けているわけではなく、提案に限界がある

下請け業者が施工するため、利 幅が確保され割高になることがある。

施工できるが、
実力の判断が不可

業者紹介サイト(全国にあるサイト)のため現場に長けているわけではない

登録した施工業者が対応するため、業者を選べなく実力が判断できない

責任関係が不安・退去の情報が不特定多数の見知らぬ者へ流れてしまうリスクがある

提案対応

全ての施工に独自に提案

当社の建築業界での強みに賛同した協力業者が全国に

同業者しか築けない信頼関係

実務でフォローしあえる関係性での総合的な提案可能

施工対応は行わない(利益を確保できない)ため、小規模案件は取り合わない

施工会社ではないため、提案の幅に限界があり、深い提案ができない可能性がある

どの業者が対応するかは不透明であり実力が伴っているか判断が出来ないため、ギャンブルになる可能性がある

施工のみを行い、削減提案まで行う業者は少ない。

費用

削減金額の10~15%

削減になった場合、施工費用に回すためリーズナブルなフィー

削減金額の50%

削減になった場合、高額のフィー

削減提案まで行う
業者は少ない。

当社と同様リーズナブルなフィーだが、削減提案まで行う業者は少ない

test

5.弁護士や建築家と連携した専門チームフォロー体制

減額交渉の際には強力な専門家が徹底的にサポートします。

店舗やオフィスの撤退に伴う原状回復工事では、そのB工事の高額な請求により近年、訴訟に発展するケースが数多く見受けられます。当社では、訴訟提起される場合の弁護士サポートや、訴訟準備書類の作成など対応。。

専門家チームによる減額交渉及び訴訟提起までの流れ